育毛の仕組み

薬シート

ここでは、ミノキシジルという成分がどうして「育毛成分」と呼ばれているのか、つまりミノキシジルはどうやって育毛剤としての役割を果たしているのか、その点について説明したいと思います。ミノキシジルはどのような仕組みで髪を生やし、育てているのでしょうか?

そもそもミノキシジルが必要な状況、つまり頭皮がダメになっちゃっている状況というのは、簡単に言えば頭皮の血の巡りが悪くなっている状況です。
髪を育てるためには一定以上の血液が頭皮をめぐっていることが必要です。つまり血液によって栄養が運ばれている状況が必要です。しかし頭皮の血液量は、年齢とともに減っていきます。血管が細くなってしまい、その分だけ量が減るのです。だからこそ、髪の毛がしっかり育たなくなってしまうのです。
ミノキシジルはそのような状況を好転させる働きを持っています。髪の毛がしっかり育つよう、頭皮の血管を広げ、血液がより多く通るように促すのです。
こうして栄養がたくさん増え、髪の毛はより強い髪の毛として生え、育つようになります。ちょっとやそっとでは抜けないような強い髪が、生えてくれるのです。
ちなみにミノキシジルが効果を及ぼし、毛根が活性化して新しい髪が生える前、今まであった弱い髪が一斉に抜けてしまうことがあります。
「うわっ、抜け毛が増えた!」と思ってしまいがちですが、これは髪が復活しかけている証拠なので、あわてて育毛剤の利用をやめたりしないように、注意しましょう。