ロゲインがいい!

男女の人形

1980年代にアメリカで発見され、日本でも20世紀が終わる直前の1999年、認可されて使えるようになった育毛成分、ミノキシジル。
この育毛成分を使った育毛剤は世界中にあり、ここでおすすめしているロゲインはアメリカ合衆国でつくられた薬です。ロゲインはミノキシジルを薬液の中に交えた薬で、頭皮に直接、塗ることができる薬となっています。薄毛という問題を抱えている頭皮だけに影響を与えることができます。
一方、日本ではミノキシジルが育毛成分として認可されたあと、独自に、ロゲインと同じ液体タイプの育毛剤が開発されました。ドラッグストアに陳列されているので、会社帰りなどに寄って購入することができます。
また、ミノキシジルを含む育毛剤としてはアメリカや日本で作られた塗り薬だけでなく、飲み薬タイプのものもあります。
タブレットタイプの、その名もミノキシジルタブレットという商品があります。これなら経口薬として飲めるので、「わざわざ塗るのは面倒」という人には使いやすいといえるでしょう。ただし、ミノキシジルタブレットは全身に効果がいきわたるので、髪の毛だけでなく全身の毛が少し濃くなってしまうことがあります。
また、同じ塗り薬でも、日本の育毛剤よりはアメリカのロゲインのほうが価格が安くなっています。
以上を考え合わせると、ミノキシジルを含む育毛剤としてよりオススメなのはロゲインであるということになるのです。